オーディオのイシノラボどっとこむ アンプや真空管などのオーディオパーツの通販サイト!オーディオ機器の修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  商品案内(通信販売)  >  オリジナルブランド  >  MASTERSブランド  >  トーンバースト波試験機“MASTERS TB−100”

トーンバースト波試験機 MASTERS TB−100

PSE試験用に最適!オーディオアンプの消費電力・温度上昇試験用トーンバースト波試験機!

特価:¥38,880(税抜き:¥36,000)



※送料無料サービス中です!
※平均納期は約30日間です。
  但し、受注生産のため、ご注文の集中状況や部品の在庫状況によって変わります。どうぞお気軽にお問い合わせ願います。

特長

PSE試験用に最適な、オーディオアンプの消費電力・温度上昇試験用トーンバースト波試験機(AUDIO TONE BURST GENERATOR)です。

PSE(電気用品安全法)によるオーディオアンプの消費電力・温度上昇試験については、オーディオのプロでもご存じない方が多いようです。
国際的には(EU,UL等の安全規格)試験にはサイン波を持ちますが、日本の安全規格(PSE)ではより実用に即した方法として、昔(電取法)から、トーンバースト波による試験が決められております。PSE(電気用品安全法)に改訂されても、その試験法は同じです。ところが、ここ10年以上、試験に用いるトーンバースト試験機が販売されておりません。大手メーカーは、昔(30年以上前)購入したトーンバースト試験機を使い回している状態です。
弊社は、自主的に試験機を製作して測定してきましたが、“せっかくだから試験機として販売してみたら”という声に押されて、試験的に販売を始めました!

試験方法

消費電力
  1. 試験電圧:
     100V(50/60Hz)に設定
  2. 入力シグナル:
     トーンバースト波(サイン波1kHz8波を印加:24波をOFF)をクリップするまで印加。
     負荷は使用可能抵抗:例えば8Ω抵抗。
  3. 消費電力の読み取り:
     昔は熱電対電力計を使用しましたが、大型で高価な上、今や販売終了しています。
     現在では小型、安価なデジタル表示器が販売されています(¥8,000程度で購入可能)ので、これを使用します。
     その表示を読み取れば測定は終了です。
  4. 本試験機の便利さ:
     クリップレベルは、連続サイン波発生スイッチがあるので、容易に設定できます。
パワーアンプ温度上昇試験
  1. 試験電圧:
     10%アップで行います。負荷はそのアンプが目指す最低インピーダンスとします。
  2. 入力シグナル:
     連続信号(1kHz)で出力波形をクリップさせて、その状態でPSEによるトーンバースト信号を入力して、各部の温度上昇を観測します。

仕様

試験用途オーディオ機器の消費電力測定,温度上昇測定
試験信号1kHzトーンバースト波(PSE:8波ON,24波OFF)
付属信号連続サイン波(1kHz)
最大出力2V
付属回路外部入力端子付

ご不明な点は、お問い合わせ下さい。

写真掲載

以下の写真をクリックすると、大きな写真が表示されます。

MASTERS TB−100

MASTERS TB−100

MASTERS TB−100

保証期間

お買い上げ後1年間は無償、以後は有償となります。

発売時期

2013年 3月

プリンタ用画面
前
マッチングトランス“MASTERS M−BF8030”
カテゴリートップ
MASTERSブランド
次
MASTERSブランド【販売終了製品】

Copyright © 2003-2017 ISHINO LAB. © 2003-2017 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Mozilla Firefox